Machines


煙龍2018(絵下山)

ロケットストーブの原理を利用して製作。

R1-2019(三角島)

出張狼煙用にペール缶で製作


単ドラム(大崎下島)

標準型。炎と燃材の分離が課題。

2連ドラム(三原)

これもポピュラー。上段は煙突になる。


縦割りドラム(支笏湖)

バーベキュー用に加工したものを活用。

横切りドラム(似島)

山に担いで上がるために、ドラム缶を3分の2程度に切断。


1段半ドラム(鬼ヶ城山)

下段に火を起こし、金網を挟んで上段を乗せる。

2段半ドラム&縦スライド(庄原)
1段目に火を入れて、2段目をスライドさせておろし、煙材を入れて3段目を積む?


3連ドラム(陣馬形山)

3段を立てるためには相当な技術が必要。

3連ドラム・プラス(陀峰山)

3段に積んだだけでは物足りず、煙を絞ってみた。


ターボ付きドラム(三滝)

「三滝ターボ」と呼ばれる。ブロアに金属の筒を装着し、焚口に送風。火力が上がる。

護摩焚きタイプ(平生)

実はブロアが仕込まれている。


神楽系(沼田)

すべては謎。

狼煙タワー(沼田)

史上最大のマシンに改造。


改造焼却炉(湯来)

構造は明かされていない。

ペール缶(倉橋)

ドラム缶に比べて軽いので、車が入れない場所でも持ち運びが楽。


戦国タイプ(阿戸)

竹を組み、木の枝を掛けていぶす。

薪ストーブ(向島)

安全で手軽かも。


一斗缶積み(中野)

5連になっており、最下段には焚口がある。自立に課題あり。

ミックス積み(引田)

ドラム缶の上に、煙突として一斗缶を乗せている。


地面掘り(南魚沼)

焚き火のようだが、煙がよく出ている。

地面置き(宇山)

豪快。煙の量がハンパない。


キャンプファイア風(みどり坂)

護摩焚きにタイプに近い。

丸太(三隅城)

人海戦術になるが、担いで上がれる。


赤煙(柳)

花火製作所等で販売されている。早めに注文した方がいい。赤い粉が降る。

発炎筒(元宇品)

自動車工場などでもらえる。火の粉が降る。


竹筒束ね(武田ヶ城山)

いったいどうなっているのか。

魔法のランプ(ペルー)

まったくわからない。


バケツ狼煙(絵下山)

展示用として開発。煙はステージなどで使うスモーク。

段ボール&コンビニ袋(淡路島)

ほぼ廃物利用。


風船のろし

(宇品)

バルーンリリースイベントとコラボ。

こな煙(絵下山)

非火気のろし開発中。ラインパウダーを噴霧機で上げる。


線香のろし(宜野湾)

沖縄でやってほしかったので、特製線香とミニ幟を送った。

かみ煙(なんば)

究極の非火気けむり。

協力:オール巨人さん、こらあげんはいごうまんさん


うそ煙(坂)

パソコン上で合成。「うそ」というより、「お茶目」。

なし煙(銀座)

銀座で上げてほしいとお願いしたが、さすがにここで煙を上げるのは困難。